CAMiss は最小侵襲手術による膝関節置換手術を行う外科医をサポートするためのソフトウェアです。
( MIS = Minimal Invasive Surgery )


術前計画
 
患者の膝部分のCTスキャン画像から3次元モデルを作成し、インプラントの位置を決定します。
膝の3次元モデルの作成
抽出された3次元データ インプラント設定 画像処理による輪郭線抽出

CT画像
 スケール指定                  閾値                  2値化               小領域の除去  輪郭線抽出

術中支援
  1)下図のような4つの球のついた計測用治具を骨に固定し、レントゲン撮影を行います。
  2)レントゲン画像上の骨に合うように3次元モデルを配置します。
 
  3)レントゲン画像上の治具の位置を検出します。
  4)治具とインプラントとの相対的な位置・向き(6自由度)を計算します。
  5)固定用ピンを残したまま、計測用治具を骨切用治具に差し替えます。
 
このようにして、術前に計画された位置および向きに正確に インプラントを設置することができます。