基本操作

患者データ作成
とCT分割

新規に患者データを作成しCTデータを読み込んで大腿骨と脛骨に分割します。

骨表示調整
 

閾値と不透明度を調整して骨が見やすくなるようにします。

基準面作成
 

基準面を作成して大腿骨と脛骨それぞれ基準となる向きに回転させます。

インプラント選択と配置
 

インプラントを選択して適切な位置に移動・回転させます。

角度と距離の計測
 

角度と距離を計測することができます。
骨切り量を予測できます。

配置情報の保存と読み込み
 

アプリケーションの現在の状態を保存、読み込みします。