股関節における撮像条件・注意点

CT撮像

 CTデータ無しでも本ソフトを使用することは可能です。
 しかしCTデータを使用することで設置位置の精度が向上します。
 レントゲンだけでは推定することが難しい回旋方向の正確な位置決めを可能にします。
 本ソフトではCTのスライス間隔が一定である必要はありません。
 スライス間隔を骨盤・大腿骨骨頭と膝関節付近を狭く(1.5mm推奨)、それ以外の範囲では広くしても構いません。

CT撮影の説明