ATHENA HIPとは

 ATHENA HIPは、人工股関節置換術の術前計画をより直感的に行えるようにするためのアプリケーションソフトです。
 整形外科の手術である全人工股関節置換術(Total Hip Arthroplasty:THA)では、その計画にあたり手術前の股関節をCTで撮影します。 撮影したCTデータを元にアプリケーション上で三次元空間に骨を立体表示することができます。骨を表示した三次元空間にインプラントメーカーからご提供いただいているインプラントの三次元形状データも表示させことでインプラントのサイズや設置位置を3次元空間でシミュレーションすることが可能となります。また、三次元空間の任意の角度から骨やインプラントを観察したり、CTの任意の二次元断面上にインプラントを重ねて表示したり様々な表示方法でより綿密な術前計画を実施することができます。
 更に、長さと角度を計測する機能を用いて骨切り量やインプラントと機能軸の角度を測り術中にそれらに値を使用することで短時間で適切な位置にインプラントを配置することが可能になります。

ATHENA HIPの概要説明

 ATHENA HIPには、人工股関節置換術の術前診断をより直感的に行えるようにするために、いくつかの特徴があります。
 詳しくは上の項目をクリックしてください。

ATHENA HIPの詳細説明


監修

監修(ATHENA KNEE・HIP)

 湘南鎌倉総合病院 人工膝関節センター
 センター長 巽 一郎
 リンク:湘南鎌倉総合病院 人工膝関節センター

監修(ATHENA HIP)

 湘南鎌倉人工関節センター
 辻 耕二
 リンク:湘南鎌倉人工関節センター

リボンユーザインターフェースと操作項目

 リボンユーザインターフェースを採用することで実行したい機能を捜しやすくしました。また、ボタンなどの機能をリボンの領域にに集中させることで表示領域を広くすることができました。
 標準的な操作手順の順に機能を並べた『操作項目』ウィンドウがあり初心者にも操作手順を覚えやすくしています。

レントゲン画像に対して線を引き、骨軸、機能軸の指定を行なったところ

ROMシミュレーション

 ROM(関節可動域)を調べることができます。
 骨盤の傾き、大腿骨の内外旋角度と内外転角度などの条件を指定してインピンジの発生する角度を検出します。また、衝突箇所を表示することもできます。

レントゲン画像に対して線を引き、骨軸、機能軸の指定を行なったところ

基準軸の作成

 涙痕間線、左右の小転子同士を結ぶ線 を作成し脚長差を求めることができます。
 また、シャープ角を求めることができますのでシャープ角を元にCupの標準的な配置向きを決めることができます。

基準線を記入するの図

CTデータの分割

 ATHENA独自の機能を使って、CTデータを骨盤と大腿骨に分割します。
 画像の上にカーソルを置くと絵が変わります。

CTデータが分割されているの図

3DCGによる高精度なシュミレーション

 3次元空間内に設置されたCTモデルとインプラントモデルがどのような位置関係になるのかを確認できます。
 画像の上にカーソルを置くと絵が変わります。

3次元上に表現されるCTモデルの図

Cup、 Stem の位置合わせ、前捻角等の調節

 3方向のCT断面画像と3D CT画像により、 あらゆる角度から臼蓋・大腿骨インプラントのテンプレーティングが確認可能です。
 ステムに関しては術中の前捻角の再現が可能、臼蓋コンポーネントに関しては周囲の骨棘が確認可能です。
 画像の上にカーソルを置くと絵が変わります。

大腿骨テンプレーティングをしているところ

Stemの回転中心位置をCupの回転中心位置に合わせる

 選択したCupとStemそれぞれ骨盤と大腿骨の適切な位置に配置しHeadのサイズを決定した後、Stemの回転中心位置をCupの回転中心位置に移動させることができます。その際、大腿骨も一緒に移動させますので整復後の骨盤と大腿骨の位置関係をシミュレーションすることができます。
 画像の上にカーソルを置くと絵が変わります。

ステムに接続する骨頭のオフセットを調整する図